読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中謙次の宅建試験ブログ

宅建試験の受験に役立つ情報を提供します。

保証協会に150万円を納付している業者の還付の上限額は?

Q.保証協会に150万円を納付している業者の還付の上限額は? A.2,500万円です。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 宅建業の免許を取ったらすぐに事業を開始できるの? できません。宅建業の免許を取った後に、営業保…

宅建業免許の有効期限切れの前日に土地売買の仲介はできるの?

Q.宅建業免許の有効期限切れの前日に土地売買の仲介はできるの? A.有効期限内に土地売買の契約が成立していれば期限切れの後でも取引を完結できます。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 宅建士の資格があれば自由に…

土地区画整理事業の施行地区内で大規模な土木工事をする場合は許可が必要?

Q.土地区画整理事業の施行地区内で大規模な土木工事をする場合は許可が必要? A.原則として都道府県知事等の許可を受けなければなりません。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 土地区画整理事業は明治時代から行われ…

宅地造成工事の設計をするには一定の資格が必要?

Q.宅地造成工事の設計をするには一定の資格が必要? A.一定規模以上の工事の場合は資格が必要です。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 宅地造成等規制法とは? 昭和30年代以降の経済発展は、人口と産業の都市への集…

住宅密集地に家を建てる場合、燐家に接して建てられるの?

Q.住宅密集地に家を建てる場合、燐家に接して建てられるの? A.防火地域又は準防火地域内に建てる場合は外壁を耐火構造にすれば隣地境界線に接することができます。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 建築基準法とは…

市街化調整区域で開発行為をしたら自動的に用途地域が指定されるの?

Q.市街化調整区域で開発行為をしたら自動的に用途地域が指定されるの? A.そのような制度はありません。ただ、知事は開発許可の際に建ぺい率等の建築規制を定めることができます。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 …

準都市計画区域に建築する場合にも準防火地域の規制に従うの?

Q.準都市計画区域に建築する場合にも準防火地域の規制に従うの? A.準都市計画区域にはそもそも準防火地域を指定できません。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 なぜ都市計画法を定めたの? 都市は総合的な生活空間…

分譲マンションの管理者は区分所有者でなければいけないの?

Q.分譲マンションの管理者は区分所有者でなければいけないの? A.建物の区分所有等に関する法律(以下、区分所有法と略す)に管理者の資格に関する制限はありません。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 管理者と管理…

家賃の値上げに反対する借家人に立退料を支払えば解約できる?

Q.家賃の値上げに反対する借家人に立退料を支払えば解約できる? A.解約できるとは限りません。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 建物賃借人に更新拒絶の通知を出し忘れたら何年の期間で自動更新するの? 建物の賃…

借地上の建物の登記の所在地番が実際と異なる場合でも借地権を第三者に対抗できる?

Q.借地上の建物の登記の所在地番が実際と異なる場合でも借地権を第三者に対抗できる? A.対抗できる場合があります。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 土地の賃貸借契約の上限は20年? 民法に書かれている賃貸借の…

諸事情で行方不明の父が死亡し3か月が経過していた場合は相続放棄ができない?

Q.諸事情で行方不明の父が死亡し3か月が経過していた場合は相続放棄ができない? A.できます。相続の開始があったことを知らない場合はたとえ3か月経過したときであっても単純承認したものとはみなされません。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピック…

土地に対する抵当権で、建物が焼失した場合の火災保険金を差し押さえることができる?

Q.土地に対する抵当権で、建物が焼失した場合の火災保険金を差し押さえることができる? A.できません。土地に対する抵当権は建物に及びません。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 不動産を担保にお金を貸す方法は?…

未成年者が運転免許証を偽造して成年者のふりをして契約したら?

Q.未成年者が運転免許証を偽造して成年者のふりをして契約したら? A.制限行為能力者であることを理由に取り消すことができなくなります。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 ネット上の架空の人工知能は不動産取引で…

実務でよく活用される債務引受は民法に規定されているの?

Q.実務でよく活用される債務引受は民法に規定されているの? A.現行民法に規定はありません。 平成28年度宅建試験に出題された問題をピックアップして解説して行きます。 2016年度試験の問1は民法改正案からの出題 平成27年3月31日、民法改正法案(以下、改…

建築基準法-防火上の規制 全国賃貸住宅新聞

中古の建物を売却する際、買主が将来再築する旨を話していなくても、敷地が防火地域内にあることを説明する必要がありますか? 説明しなければなりません。土地や建物を売却する場合、建築基準法上の防火地域または準防火地域の規制内容を重要事項として説明…

都市計画法ー開発行為 全国賃貸住宅新聞記事

開発許可制度 土地売買の重要事項説明書面には開発許可が必要な土地であることだけを記載すれば足りるの? 足りません。買主がその土地に建物を建てるには開発工事の完了と検査済証の取得が必要であることまで記載する必要があります。 開発許可制度って何?…

都市計画法ー都市計画の内容 全国賃貸住宅新聞記事

都市計画法 重要事項説明書面に記載する都市計画法上の規制内容は条文だけ示せば足りるの? 足りません。宅地や建物が都市計画法上どのような制限を受けるのかについて具体的に調査して記載しなければなりません。 なんで重要事項説明書面に都市計画法等の法…

重要事項説明

購入意欲のあるお客様にも重要事項を説明しなければならないの? しなければなりません。購入意欲の有無にかかわらず重要事項はしなければなりません。 なんで契約前に重要事項説明が必要なの? 一昔前(昭和42年以前)は、宅建業法には重要事項説明の規定…

広告規制

買ってくれる方、借りてくれる方を募集するためならどんな広告でもできるの? できません。宅建業法では、広告時期の制限、誇大広告の禁止、取引態様の明示義務という3つのルールがあります。 建築確認申請中の建物も広告を出せるの? 宅建業者は、宅地の造…

相続と物権変動

先日亡くなった父の不動産についてその相続人から売却を依頼された場合、何か特別なことが必要ですか? 相続が絡む不動産の場合は特殊な法律関係が生じます。取引する際には、戸籍謄本などで相続人のすべてを確定できる書類、遺産分割協議書や遺言書で相続関…

代理契約と媒介契約

代理契約と媒介契約とでは何か違いがあるの? あります。宅建業者が依頼を受けて行う場合には報酬額の上限が異なります。また、契約の主体が異なります。さらに代理には媒介にはない特殊な法律関係があります。 代理と媒介は何が違うの? 契約の主体が異なり…

媒介・代理契約書面の書き方

売却物件の仲介と賃貸物件の仲介には何か違いがあるの? 違います。宅地・建物の売買契約を仲介するほうが、手続きが厳格になります。 宅建業の免許を取得して、保証金を供託して届出が完了すれば、いよいよ営業開始です。まずは、商品となる土地・建物を仕…

営業保証金と弁済業務保証金の異同

無一文でも不動産会社は作れるの? 作れません。最低でも、営業保証金の場合は1000万円、弁済業務保証金分担金の場合は60万円の金銭等が必要です。 事務所を構えて専任の取引士を設置して宅建業の免許を取得してもまだ宅建業はできません。宅建業は公益性が…

宅地建物取引士になる方法

宅地建物取引士(以下、「取引士」と略す)になるにはどうすればいいの? 試験に合格した後、登録して、取引士証の交付を受けて下さい。 前回の記事で、宅建業の免許を取得するためには事務所や契約をするような案内所等には一定数の専任の取引士を設置しな…

宅地建物取引業の免許と宅地建物取引士の関係

宅建試験に合格したら不動産会社ができるの? 宅建試験に合格していなくても不動産会社はできます。 宅地建物取引業(以下、宅建業という)を営むためには免許を受けなければならないことは前回の記事で説明しました。宅建試験の学習をはじめたばかりのとき…

免許が必要な宅地建物取引業とは?

不動産取引は誰でもできるの? できるものと、できないものがあります。 衣食住は生活をして行く基礎といわれています。不動産取引が扱うのはその中の「住」に関わるものであり、人間が健康で文化的な生活を営む上で不可欠な要素といえます。第二次大戦直後…

宅建試験にも出題される信義則・権利濫用って何?

宅建試験にも出題される信義則・権利濫用って何? シリーズ・基礎からしっかり権利関係1回目 (全国賃貸住宅新聞 2015年1月12日号) 2014年の宅建試験対策シリーズの記事に続き、2015年も宅建試験対策シリーズが毎週掲載されます。 3月までは、基礎からしっ…

宅建試験の合格率を70%以上にする方法-社内研修編-

宅建試験の合格率を70%以上にする方法 全国賃貸住宅新聞2015年1月5日記事 宅建取得のためのマネージメント術 宅建業者において、宅地建物取引士の有資格者の保有率を高めることは、経営者・人事担当者にとって切実な願いでもあり、会社の発展に大きく関わる…

2015年度宅建 全国賃貸住宅新聞の連載記事

2014年4月から、全国賃貸住宅新聞で毎週宅建試験に関する記事を連載しました。 毎週締切に追われながらも(笑)、楽しく執筆をさせて頂きました。 2015年も、これまで同様に、毎週、宅建試験に関する記事を連載致します。 2015年 全国賃貸住宅新聞 1月~3月…

4月21日スタート全国賃貸住宅新聞の連載

こんにちは。Kenビジネススクール代表の田中謙次です。 本日、午前中に、株式会社全国賃貸住宅新聞社 http://www.zenchin.com/ の編集長にお会いしてきました。 4月から、2014年度宅建試験受験に向けた記事を連載することになりました。 これまで執筆し…

www.ken-bs.co.jp

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-7ストーク新宿1F

電話:03-5326-9294 Email : info@ken-bs.co.jp