読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中謙次の宅建試験ブログ

宅建試験の受験に役立つ情報を提供します。

大東亜戦争~太平洋戦争を支えた軍事費

雑談

たまには仕事以外のことも考えようかな~と思って、趣味の研究を。


大東亜戦争において、満州国という傀儡国家を支配していた大日本帝国の陸軍が、どのようにその巨額の戦費を賄ったのかを調べてみたりして。


通常、国家が戦争をする場合、国家予算から歳出されるはずです。しかし、当時の関東軍は、日本の円を一切使わずに戦費を賄っていました。

というよりも、関東軍は、侵攻の方法のひとつとして軍事力ではなく経済力・政策を活用していたといえます。


戦後のGHQによる大日本帝国の解体により廃止された「朝鮮銀行」の当時の資料によれば、朝鮮銀行関東軍に大量の軍事費を与えていた仕組みとその経済戦略がみえてきます。

当時の我が国は、国内で流通する「日本銀行券」、植民地の「朝鮮銀行券」「台湾銀行券」の3つがありました。それぞれが同額で交換できました。朝鮮銀行券は、朝鮮銀行が自由に発行できたので、この権限を、関東軍が利用しました。ときに、中央政府の意向を無視して、朝鮮銀行関東軍のためにこの朝鮮銀行券が発行されていました。

昭和初期、中国では国民政府の勢力が弱く経済がバラバラでした。そこに、関東軍軍務局鈴木定一中佐、最高顧問の板垣従四朗その他参謀及び朝鮮銀行の総裁等が、朝鮮銀行券としての円で、中国全土を経済的に支配し、当時の中国の国民党政権を崩壊させるという戦略を考えたようです。


ただ、このような軍の暴走に危惧を抱いていたのは、当時の大蔵大臣だった高橋是清です。彼の思想は、朝鮮銀行にある朝鮮銀行券発行権限を、中央政府の日銀に統一させるというものでした。
そして、御承知の通り、その後に226事件で高橋是清その他大臣は軍のクーデターにより暗殺されてしまいます。

その後の、軍と関東軍の暴走は誰も止められなくなり、226事件の翌年に日中戦争が始まります。


当時関東軍東条英機中将の研究資料があります。
「幣制及び金融機構の一元的統一」という極秘論文です。傀儡政権で「円」の影響力を広げるよう指示したものでした。

この思想に基づき、朝鮮銀行は、当時中国にあった紙幣を回収して、朝鮮銀行券を大量に発行しました。
しかし、外国の紙幣への嫌悪感は強く、まったく浸透しなかったようです。そこで、日本軍は昭和12年12月に「中華民国臨時政府」という傀儡政権を作ります。
この臨時政権を介して、「中国聯合準備銀行券」(略して、聯銀券(れんぎんけん))を発行します。この紙幣は、中国人にも受け入れられやすいように、紙幣に中国という文字を入れたりと工夫が凝らされていました。

そして、日本軍はその紙幣の浸透を進めるため、聯銀券を使用しなかった中国人を最高終身刑に処するようにしました。また、食糧等の生活必需品・あへんの販売は聯銀券でなければならないよう命令を出していたようです。

この聯銀券を利用して、日中戦争に費やされる莫大な戦費を生みだす仕組みを作り出します。

その仕組みは「預け合い契約」というものです。
つまり、朝鮮銀行が、中国聯合準備銀行と預け合い契約なるものを締結し、要は、日本政府の懐を痛めずに、朝鮮銀行のみの判断で自由に聯銀券を発行できる仕組みです。通常は、国債を発行して国が借金を抱えるのですが、それが一見わからないような仕組みで、将来的に国が借金をかかえる仕組みです。お得意の難題の先送りです。

これに対して、当時中国では1000近くの異なる紙幣があり混乱していた経済を、蒋介石が「元」を作り出し、中国の経済統一を図ろうとしたわけです。この元に、当時日本に脅威を抱いていたイギリスとアメリカががポンド・ドルによる保証を与え、元の信用は確保されるようになって行きます。

このことが日中戦争の長期化を支え、日本の国費は底をつく状態にまでなって行きます。昭和13年で、軍事費は国家予算の7割を超える異常事態に突入します。
当時の日本は、戦争に必要なオイル・鉄などを海外からの輸入に頼っていました。この頃の日本は、その輸入に必要な外貨(ドル)すらなくなっていました。この仲介を行っていた横浜正金銀行の証言で、当時のアメリカからの輸入に、なんと政府や日銀が保管していた金塊を利用していたようです。

その当時から、アメリカ政府は日本の資金力について調査していたようです。その内部資料が公開されております。
1937年12月の財務省の極秘資料に、この金塊の決済の事実と、当時の日本政府の銀行口座に残高がないことが明記されていました。その経済専門家の意見では、あと1~2年で日本は経済破綻し、日中戦争を止めざるを得ない状況に追い込まれるとするものだった。

しかし、日本政府及び横浜正金銀行はその上をいく発想で、外貨を確保していました。つまり、決済に金塊を利用したことで、金塊とドルとの売買交換レート(相場)を利用して、その差額を外貨で貯蓄していました。正金銀行ニューヨーク支店の隠し口座に、2年半で1億4000万ドルでした。これは、当時の戦争で必要な石油3年分に相当する額でした。

アメリカ政府はこの隠し口座を資金凍結することを画策します。日本政府もそのことは当然懸念して、その資金をアメリカではなく別の国へ移動してプールすることを。そこで、日独伊三国の軍事同盟が結ばれます。


その後、太平洋戦争に突入します。

日中戦争がはじまった昭和11年に33億円だった軍事費は、昭和19年には740億円にまで達しました。これは、国家予算の8割にまで達するものでした。


その後は、朝鮮銀行ではじまった預け合いという錬金術が、中国大陸すべてで行われ、朝鮮銀行に限らず横浜正金銀行でも行われ、見せかけの紙幣で、現地より軍事物資を調達していました。

もちろん、現地はハイパーインフレ日中戦争勃発時の3万倍の物価上昇)になり、中国経済破綻して行きます。もちろん、我が国も・・・・


そして、現在も、この借り入れ金414億円(旧臨時軍事費借入金)が我が国の一般会計に残っています。

www.ken-bs.co.jp

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-7ストーク新宿1F

電話:03-5326-9294 Email : info@ken-bs.co.jp