田中謙次の宅建試験ブログ

宅建試験の受験に役立つ情報を提供します。

違憲と主張する人は憲法改正にも反対なのかな?

私は、数少ない賛成派の学者の中央大学教授の長尾先生に憲法を学びました(笑)。


私は、憲法の解釈論としては、どちらでもあり得ると考えております。

正直、どっちでもいい(笑)。


それよりも、早く現行の憲法を改正して、日本国民の自由な意思による投票によって作られた新しい憲法がみたい。


今回の集団的自衛権は、一つの火種かと思う。解釈について見解が分かれる以上は、ここらではじめての改憲手続に移行した方がいいような気もします。


連合国に戦争で負けて、

・国の土台となる憲法を日本国民が作れなかった

・国を守る軍をもつことが許されなかった

・教育の内容について日本国民が決められなかった


同じ時期に敗戦したドイツですら、上記の3つの最低限の国としての権利をもっていたのに、我が国はこれら3つをすべてアメリカ合衆国に握られ、手放し、奴隷国家としての屈辱を甘んじてきた。

 

サンフランシスコ条約で、日本が国際的に独立した時にあの奴隷憲法を破棄して、再度、日本国内で議論して作りなおせば良かったのに。。。


サンフランシスコ条約の裏で、こっそり日米安保条約を結び、経済破綻のリスク避けるため、防衛権を他国に譲り、骨抜きにされながら経済発展を遂げ、戦後の自虐教育により、奴隷国家であることを幸せと思うようになってしまったのか。

 

違憲」表明に続き教授会見
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3468262

www.ken-bs.co.jp

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-7ストーク新宿1F

電話:03-5326-9294 Email : info@ken-bs.co.jp