読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中謙次の宅建試験ブログ

宅建試験の受験に役立つ情報を提供します。

平成27年度宅建試験で出題が予想される問題

雑談

平成27年度宅建試験はここが出題される!

 

宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に格上げされて最初の試験である平成27年度の宅建試験まで2週間となりました。

この時期は、誰もが不安に陥り、何を勉強すべきかわからなくなるものです。

 

しかし、合格に近づいている人ほど不安になるものです。その不安は勉強することでしか解消できません。

 

今年宅建試験を受験する人の少しでも役に立てばとの思いで、毎年、オールアバウトの記事や全国賃貸住宅新聞の記事で、直前の出題予想をしております。このブログでも、これまで書いた記事のまとめておきます。

 

宅建試験1か月前にやるべきこと

宅建試験は漫然と好き勝手に勉強していては合格できません。いつどの科目をどのように学ぶべきか、戦略的に学習する必要があります。この記事では、最後にチェック項目を用意しております。宅建試験前日にも、このチェック表でまだ暗記していないものがあるかどうかを確認しましょう。

touch.allabout.co.jp

 

平成27年度宅建試験 法改正と予想問題

宅建試験では改正点が出題されます。特に、宅建業法の改正と法令上の制限の改正はすぐに出題されます。できれば、ここ数年の改正点はおさえておきたいところです。

touch.allabout.co.jp

touch.allabout.co.jp

touch.allabout.co.jp



平成27年度宅建試験で出題が予想される判例

今の宅建試験では権利関係の問題は判例からの出題というのが当たり前になっています。過去の10年以内の最高裁判所判例が出題されやすいです。もちろん、直近の判例も頻出です。記事の中では予想問題も挙げております。

touch.allabout.co.jp

touch.allabout.co.jp

 

平成27年度宅建試験 統計問題の予想と対策

免除科目を受験する一般受験者の方は、絶対に統計問題を正解しなければなりません。5分の勉強で1点取れるところなので、捨ててはいけません。この記事を保存しておき、試験会場で再度ながめておきましょう。

touch.allabout.co.jp

 

来年もまた同じ1年にならないためにも!

私が代表をつとめるKenビジネススクールでは直前期の講座が充実しております。主に企業研修を中心に講座を運営しており、今年は週刊住宅新聞社からうかるぞ宅建士シリーズからもテキストを出版する等、本格派の宅建スクールだったりします。

試験1週間前に実施する宅建直前合宿、試験前日に行う宅建前日やるべき講座は、これまで多くの合格者を輩出している実績のある講座です(平均合格率60%超)。

 

不安で何を学習してよいかわからない方、今のままでは不合格になるのではと不安な方は、ぜひ2日間の合宿と、1日で完結する前日やるべき講座を受講して今年の合格を確実にしましょう。

www.ken-bs.co.jp

www.ken-bs.co.jp

 

 

 

www.ken-bs.co.jp

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-7ストーク新宿1F

電話:03-5326-9294 Email : info@ken-bs.co.jp